ヴーヴ・アンバル
並び順を変更[ おすすめ順 |新着順 ]
前のページ | 次のページ



  ヴーヴ・アンバル Veuve Ambal

「クレマン・ド・ブルゴーニュ No.1ワイナリー」

ヴーヴ・アンバルはマリー・アンバルにより1898年にブルゴーニュで創業。ブルゴーニュ最大となる300haの自社畑を有し、クレマン・ド・ブルゴーニュ生産量の約40%を生産する「クレマン・ド・ブルゴーニュ No.1ワイナリー」です。 創業以来家族経営によるクレマン造りに専念し、六世代に渡りクレマン・ド・ブルゴーニュのマーケットリーダーおよびスペシャリストとしてその発展に大きく貢献しています。現在は三代目当主のエリック・ピフォーがワイナリーを牽引し、息子のオーレリアン・ピフォーと共にその名声と品質を守っています。

ヴーヴ・アンバルの自社畑はブルゴーニュの6つのエリア…オーセロワ、マランジュ、コート・ド・ニュイ、マコネ、サン・トーバン、シャティヨネに分かれています。このうちブルゴーニュの北限に位置するシャティヨネはシャンパーニュの生産地域に隣接し、瓶内二次発酵のスパークリングワイン造りにとって非常に恵まれたテロワールを持つ地域です。栽培においてはサステイナブル農法を取り入れ、いくつかの畑においては有機農法の認証(Agriculture Biologique)を取得。広大かつ個性豊かな畑それぞれから引き出されたテロワールの個性が、その味わいに豊かさと複雑さをもたらしています。

現在のチーフワインメーカーであるジャン・ピエール・ドゥパキはシャンパーニュの名門ブランドで17年の経験をもつ人物です。彼の率いる7名の醸造家チームと最新鋭の醸造設備が生み出すヴーヴ・アンバルのクレマン・ド・ブルゴーニュは数多くのワインコンクールでも高い評価を獲得。フランス国内のポール・ボキューズのレストランすべてでサーヴされている他、生産量の25%は輸出され、世界66ヵ国で楽しまれています。