シャルル・コラン
並び順を変更[ おすすめ順 |新着順 ]
前のページ | 次のページ

La force d’être ensemble  集結の強み

シャンパーニュ・シャルル・コランは60年以上前の1952年に志の高いヴィニュロン(ぶどう栽培者)が集まり、協同組合(CM:Coopérative de Manipulation)として仕事を共にすることで、より高い品質を保証することを目的としたプロジェクトとして始まりました。このプロジェクトを活気づけ、構築していった人物こそがシャルル コランでその功績を称え、名称を「シャンパーニュ・シャルル・コラン」としました。

Ode au terroir  テロワールの頌歌

現在では140以上のブドウ栽培者、330ヘクタールを超えるブドウ畑を抱える、地域で最も大きな生産者のひとつです。畑の90%以上でピノ・ノワール、残り10%でシャルドネを栽培しています。ヴィニュロン達はテロワールに非常に愛着を持ち、彼らのぶどうを環境保全型栽培法(ファソン・レゾネ 又はリュット・レゾネ)で栽培しています。

La qualité sans compromis 妥協のない品質

組合のメンバーは皆、完璧なシャンパーニュを造る事に情熱を傾けています。シャンパーニュハウスには最新の醸造設備が整っており、ワインメーカーはその情熱、経験、知識をいかんなく発揮し、素晴らしい力と深みを兼ね備えたシャンパーニュを造っています。

厳選したぶどうを使用

シャルル・コランは、コート・デ・バール最大規模の生産者組合です。コート・デ・バールにある25の村で厳選し収穫されたぶどうを使用し醸造を行っています。年間を通じてぶどうの樹1本毎にモニタリングし、丁寧なぶどう栽培により生まれるぶどうのみが醸造されます。また、ミレジムである「キュヴェ シャルル ブラン・ド・ブラン2008」には一番搾り果汁であるキュヴェ(2,050L/4,000kg)の中から、さらに品質の高いクール・ド・キュヴェを使用するなど、さらに厳選された原料を用いています。